エアバックランプ点灯

最近減ってきましたが、以前はよくあったこの症状。

「メーターの中で人の前に風船が膨らんでいるんですけど」

「めーたーにアイルバグってランプが点灯してるんだけど」

ってそんなわけないかっ!

エアバックランプは一度点灯すると一定時間点灯するので、大抵気がつきます。

だいたいの場合、ステアリングの根元に取り付いているロールコネクタと言われるものの

原因が多いです。

ステアリングに取り付けられているエアバックモジュール(事故などの衝撃で膨らむバックが収め

られている)に電気信号を送るに当たり、通常の配線ではステアリングを回した時に線がぐるぐる

と絡まってしまいます。

当然配線は伸び縮みしませんから。

そこでロールコネクタはテープ状のせんがくるくると巻かれて中に入っています。

ですがっ!やはり長く使用していると切れてしまうことがあるのです。

最近の車は減りましたが、、、。

ちなみに写真はすでに純正のステアリングからMOMOステアリングに変えてあり

当然エアバックが付いていないのでランプが点灯してしまいます。

それなのでエアバックランプキャンセラーを付けていたのですが、それが故障をしてしまい

またランプが点いてしまったのです。

エアバックが付いているステアリングの脱着作業は専門の人に任せましょう。

間違えて爆発すると一大事ですから。

?

?

?

?

カテゴリー: 修理日記   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です