MINI 発電不良

最近ふとMINIの修理が増えてきていることに気がつきます。

それだけ走っている台数の増加と、販売開始からの時期が関係しているのでしょうが。

今回の紹介はオルタナーターの発電不足です。

メーターにチャージランプが点灯して気がつく場合がほとんどです。

日頃からバッテリーの点検時に充電能力等の点検をしていれば防げることもあります。

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

バッテリーテスト事例?バッテリーテスト/エンジン始動テスト/チャージングシステムテスト

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

左はバッテリーの充電量、始動能力、チャージシステム(充電能力)共に良好な例です。

右は現在充電量は良好ですが、始動能力、チャージングシステムにやや異常が出始めて

いる例です。

?

オルタナータ(発電機)は正常なバッテリーの場合休み休み発電していますが、劣化している

バッテリーとなると常にフル稼働しなくてはなりません。そのため弱い劣化したバッテリーを

無理して使っているとオルタナーターの故障につながってしまいます。

日頃からのメンテナンスが大事になってきます。

?

カテゴリー: 修理日記   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です